Philosophy

経営理念

TCSグループに創業より受け継がれる経営理念。
われわれは、この経営理念が示す精神・姿勢を日々の行動に繋げ、自らの未来を切り開きます。

社是
信条
経営姿勢
  • 社是

    我々は情報社会の明日を創造、建設し、
    世界経済の発展と人類社会の福祉向上に貢献する。

  • 信条

    自分で学び自分で努力し自分で自分を鍛えて
    気骨稜々たる人間に成長し
    確固たる信念の礎に
    健康で価値のある人生を築く」

  • 経営姿勢

    1. 常に時代の変化を先取りし、現状に挑戦を続け
      TCSグループの永続的な繁栄を目指す。
    2. 組織の確立と充実に努める。
    3. 技術の向上と蓄積に努める。
    4. 健全な財務体質の実現とグループ企業価値の向上に努める。
    5. 自助の精神と進取の精神をもった熱意ある経営に徹する。
    6. 社員の社員による社員のための創意ある経営に徹する。
    7. 合理主義と堅実主義の誠意ある経営に徹する。
基本行動規範

Basic ethics

基本行動規範

ここに揚げるサイプレス・ソリューションズ行動規範は、当社に関わる全ての役職員((全役員、社員、出向員、定時社員、契約社員、パート社員、アルバイトを指す)(以下、サイプレス・ソリューションズという))が守らなければならない基本原則です。私たちの目指すところは、公正かつ適切な経営を実現し、社会的責任を果たしていくことです。
今回、ここに当社の基本行動規範を作成・発行するにあたり私たちは、経営幹部であろうと一般社員であろうと、職位あるいは職務内容にかかわりなく、皆が等しく、誠心誠意、本基本行動規範及び業務に関連する法令・ルールを遵守することにより一層倫理的な組織文化を構築していくことをかたく誓う事を決意します。

01

お客様の立場に立ったソリュ-ション・サービスの提供

サイプレス・ソリューションズは、ソリュ-ション・サービスをお客様に提供するにあたり、お客様の立場に立った最適・最良のソリュ-ション・サービスを提供します。

① お客様の課題解決に努める

お客様のニーズ・仕様を満足させるためにお客様の課題を正確に把握し、その解決・改善に取り組みます。

② お客様の信頼獲得に努める

お客様へ開発提供するソリュ-ション・サービスに関して、お客様の視点に立ってお客様が求めるものを的確に把握し、 信頼され満足いただけるソリュ-ション・サービスを提供することに努めます。

③ お客様満足度向上に努める

お客様の声に注視し常に満足度の把握に努め、お客様満足度の向上を反映したサービスの向上に努めます。
また、全社的なCS(Customer Satisfaction:お客様満足度向上)委員会や品質向上委員会活動を通じ、お客様満足度向上に努めます。

02

公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引の実施

サイプレス・ソリューションズは、お客様に提供するソリュ-ション・サービス内容などに関し、競争相手との談合、取り決め、その他不公平な競争行為を行わず、節度ある行動をとります。

① 自由な企業活動を相互に制限する話し合い、協定の禁止

同業他社との間で、入札の条件、ソリューション・サービス提供の価格、販売条件、利益、 シェア等について自由な企業活動を相互に制限する話し合い、協定を行いません。

② 取引上の立場利用の禁止

取引上の立場を利用して、お客様に不利益な取引条件を押し付けたり、お客様と第三者との取引について制約したりしません。

③ 接待、贈答などの制限

官公庁や地方公共団体等の公的機関の職員、元職員ならびに外国公務員に対する接待や贈答は行いません。また、 お客様へ接待や贈答品等を提供する場合は、一般的ビジネス慣習範囲とします。
お客様から接待を受けなければならない状況になった場合等は、直ちに上司に報告し、指示を仰ぎます。

03

コンプライアンスの遵守

サイプレス・ソリューションズは、コンプライアンス遵守の精神をよく理解し、法令等の社会ルールや社内規則を遵守し、誠実に行動します。

① 法令や社内規則の遵守

法令や社内規則に関する社内教育を行い、徹底を図ります。また、コンプライアンス委員会活動、内部監査、内部統制制度等を整備し、徹底度合いの確認を行います。

② 内部通報制度の活用促進

法に反する行為を見つけたり、疑わしき行為であると判断できるに足る理由があったり、職場で禁止されている行為により被害にあった場合は、会社が定める内部通報制度を活用し、関係者に通報します。

③ 決裁及び会計ルールの遵守

決裁から会計に至る社内規則を遵守し、経理処理は正しく迅速に行います。また、各種税法に基づき正確な会計処理を行い納税の義務を守ります。

④ 不適切な支出の禁止

業務に関し、社会通念上の範囲を超える接待・贈答を行ったり、受けたりしないことにより社会的倫理および健全な商慣習に反する支出はしません。

04

反社会勢力との関係の断絶

サイプレス・ソリューションズは、市民社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力に毅然とした態度で対応し、当該組織とは接触せず、また介入されるすきを与えず、影響を及ぼされることを未然に防ぎます。

① 反社会勢力からの影響の未然防止

反社会的勢力あるいは組織から介入されるすきを与えず、影響を及ぼされることを未然に防止するため、反社会勢力、組織と接触しません。

② 反社会勢力との取引の禁止

反社会勢力、組織と一切の関係を持たず、反社会的勢力との取引をしません。その為、取引の事前検証を実施し反社会的取引を排除します。

③ 反社会勢力への対処

反社会勢力との問題が起きた場合には、警察等関係行政機関へ速やかに通報し、弁護士と連携を保ち、適時かつ適切な対処を行います。

05

基本的人権の尊重

サイプレス・ソリューションズは、人権の大切さを理解し人権に関する国際規範を尊重します。性別、年齢、国籍、人種、民族、思想、信条、宗教、社会的身分、門地、疾病、障害などを理由とする差別や不当な扱いを行いません。また、粗暴行為やハラスメント等の個人の尊厳を無視する行動は行いません。

① 人権の尊重

人権に関する国際規範を尊重し、人権を侵害もしくは阻害するような行動に関与しないように努めます。

② 差別の撤廃

社員の採用・処遇および商取引などあらゆる企業活動において、当事者一人ひとりの人格と個性を尊重し、性別、年齢、国籍、人種、民族、思想、信条、宗教、 社会的身分、門地、疾病、障害などによる差別や個人の尊厳を傷つける行為を行いません。

③ ハラスメントの根絶

社員一人ひとりの人権を尊重し、個人情報およびプライバシーの保護に関し細心の注意を払い、人権を侵害するセクシャルハラスメント、パワーハラスメント、 アカデミックハラスメント等全てのハラスメントを行いません。

06

健全な労働環境の確保

サイプレス・ソリューションズは、労働関連法令を遵守し、勤務体制、労働時間を適正に維持し、安全・衛生で社員の力を最大限引き出すことが出来る健全で秩序ある環境の整備に努めます。

① 労働法令の遵守

雇用・人事・勤務・賃金などの労働条件に関し、関係する労働法令を遵守します。

② 安全・衛生な職場環境の整備

安全と健康を守ることは全てに優先するという考え方を基本とし、職場の安全確保に努めることはもとより、 心身の健康増進に取り組み、自らの健康のみならず周囲の健康にも配慮します。

③ ワークライフバランスの支援

社員一人ひとりが、働き甲斐・やりがいを持って働く職場作りに努め、多様な働き方の実現や各種休暇制度などの活用により、 仕事とプライベートの両立、所謂ワークライフバランスを支援します。また、妊娠・出産や育児、家族の介護などが必要な社員に対しては、 これらに専念できるよう職場の環境づくりに勤めます。

07

企業秘密の管理

サイプレス・ソリューションズは、業務上創出された情報や、取得された情報を企業秘密として適正・厳重に管理します。 また、業務上知り得た第三者の秘密情報、お客様、社員の個人情報も企業秘密として管理します。また、退職後もこれらの情報を外に漏らしません。

① 管理ルールの遵守

業務遂行の過程で取扱う情報はサイプレス・ソリューションズ固有の財産とし関連法令等に従い適切に管理し、また、業務上知り得た企業や個人等に関する情報も関連法令に従い保護します。

② 私的使用の禁止

業務上知り得た全ての情報において、個人的に使用したり、無断で社外に持ち出したり、または第三者に開示、提供しません。

③ 不正取得の禁止

直接間接を問わず、不正な方法で第三者の情報を取得しません。

④ 目的外使用の禁止

業務上知り得た第三者の秘密情報、お客様、社員の個人情報を契約に定められた目的・条件以外に使用しません。

08

会社資産の保全

サイプレス・ソリューションズは、有形資産、無形資産(ブランド、ノウハウ、ビジネスモデル等)に関わらず役員、社員の誰もが正当な業務目的のみで使用し、個人的利益のためにこれらの資産を一切使用しません。

① 会社資産の適正な活用と管理

会社の有形資産を事業活動のために効率的に活用し、不正使用や紛失・盗難などを防止するため、会社が定めた規則やルールを遵守します。

② 会社資産の不正使用の禁止

金融資産を含めた会社の資産を、有形・無形を問わず、不正使用や私的利用などにより、その価値を毀損する行為を行いません。

09

知的財産の保護と管理

サイプレス・ソリューションズは、知的財産権に関する法令を遵守し、第三者の特許、著作権などの知的権利を尊重し、サイプレス・ソリューションズの知的財産を保護、活用します。

① 知的財産の積極的創造と知的財産権の適切な保護

知的財産を積極的に創造し、革新的なソリュ-ション・サービスの開発、提供に努め、その財産を適切に保護し効果的な活用に努めます。
自社の職務に関連して創造された知的財産権は関連法令により認められている範囲内で、すべて自社に帰属することを認識し、自社の権利を適切に保護します。

② 他者の知的財産の尊重

他者の知的財産を尊重し、他者の知的財産権の権利侵害を未然に防止します。また、他者の知的財産権を不当に侵害することがないよう教育を徹底します。

③ 著作権の侵害

インターネットの利用やソフトウェアの利用に関し、他者の著作権を侵害したり、使用許諾契約の使用条件に違反してソフトウェアを複製したり、 インストールしたり、使用しません。

10

地球環境の保護

サイプレス・ソリューションズは、地球環境へ与える事業活動の影響を考慮し、環境に関わる法令や自主基準を遵守し、事業運営と業務遂行に努めます。

① 環境に配慮した会社経営

環境に配慮した持続可能な社会実現のため、全ライフサイクルにおける環境負荷低減を目指し、環境に関わる法令、自主基準を遵守した事業活動と業務遂行に努めます。

② 地球温暖化防止に配慮した事業活動

地球温暖化防止、資源の循環的利用、生態系の保全に配慮した事業活動を行い、工場、オフィスなどにおける、地球温暖化防止に取り組みます。

11

社会貢献活動の実践

サイプレス・ソリューションズは企業市民としての役割を自覚し、地域社会の文化的、経済的発展の図ることを目的として地域社会に密着した社会貢献活動に努めます。

① 地域社会貢献活動の実践

企業活動は、地域社会とのかかわりの中で行われるものであるという考えを重視し、サイプレス・ソリューションズが地域社会から歓迎され、 親しまれ、信頼され、ひいては地域社会の文化、経済の発展をはかる地域社会に密着した社会貢献活動に貢献する企業となるよう努めます。

② 社会貢献活動を重視する企業風土

社会貢献のあり方を考え、ボランティア活動等の社会貢献活動の実践を通じその活動を重視する企業風土の醸成に取り組みます。

12

社会との相互理解

サイプレス・ソリューションズは社会全体からの深い理解と幅広い支持を得るために多くのステークホルダーとの会話を大切にし、企業情報の的確かつ公正な開示に努め会社の透明性を高めることに努めます。

① 企業情報の開示

株主・投資家、消費者、取引先、従業員、地域社会など幅広いステークホルダーに社会的責任を負っていることを自覚し、双方向コミュニケーションを通じて幅広いステークホルダーにサイプレス・ソリューションズを正しく理解していただくため、 タイムリーな情報提供活動を積極的に行います。

経営理念・基本行動規範